マンション買ったんで引っ越します。

結婚10年目、賃貸アパートから新築マンションへの住み替えの備忘録です

モデルルームに行ってみよう③

 そして3件目。最後のモデルルーム見学になりました。

最初の印象など書いていきます。

 

 

 

 

 

macojournal.hatenablog.com

 

 

 

立地が良いが、選べる部屋が残り少ない

今まで、物件選びに長い時間をかけてきたわけではない私たち夫婦。

ここに関しては、動き出すのが少々遅かったようです。

おかげで、この条件だったらこの辺が理想かなって部屋は既に埋まっていましたね。

 

間取り的に理想に近い部屋だと階が高く、価格も高くなってしまい迷うことになりました。200~300万の差ならどうとでもなるでしょ♪って方も沢山いるかもしれませんが、如何せん田舎暮らし。賃金の安さが全国でワーストレベルなので、今後頑張る気があっても無理はしない方がいいかな、と私は思いました。夫に「働け、働け」言われるのも嫌ですし。

 

 

 

広い!けど、収納が・・・

 

専有面積は80㎡以上で、私たちが検討したマンションで一番広いのがここでした。バルコニーもなかなかの広さで大満足です。これを見たら、最初の物件のバルコニーなんてベランダレベルでした。すいません。今の猫の額ほどのベランダよりは勿論広いんですけどね!

 

でも、収納がねぇ。もうちょっとどうにかできないものかと思いました。

ない、わけではないのです。ただ、使い勝手がイマイチっぽい予感。

 

各部屋に使いやすい収納が付いていて、住居スペースに後から収納用具を置かずに済むのが理想、ってそんなにおかしな希望ではないように思うのですが。

決して狭い収納ではないと思いますが、使い易さなどはあまり考えてないようでした。

良く言えば、自由な収納設計?ちゃんと考えておかないと後から「失敗した」って思いそうなので要注意です。

 

そして希望の間取りの部屋はウォークインクローゼットはなし。主寝室に収納家具を置きたくないんですけど、無理でしょうか。

 

収納収納うるさく言っていますが、大事ですよ!

理想は全てが作り付けの収納にゆとりを持って収まることですが、なかなか難しいかもしれません。

 

この物件の収納スペースで良いところは、玄関には天井までのシューズクローゼットがあるところで、これはとっても気に入りました。 

今は小さな下駄箱に靴が収まりきらず(主に夫のが)、こまめに入れ替えをしない夫の靴が玄関に出しっぱなしになっているんです。しかも、雨の日用だと言い張って汚いやつを何足も!先日10年ぶりに会う友人を招いた際「ずいぶん履き込んでるんだねw」って言われちゃったし!あんまり人が来ないから、片付けるのすっかり忘れてました。

私のは季節で入れ替えるのですが、めんどくさいです。

 

 

 

そして一応、使い勝手のよい収納の希望を伝えると営業さんは、

 

「ウォークインが必要ならこちらの間取りがいいんじゃないですか?」(別の間取りを勧める)

➡全体的に狭いし、そもそも角部屋でもない・・・。

 

 

「今の賃貸アパートに入っているものが入りきらないってことはないと思いますよ?」➡当然だ。言われなくても分かるし、そういう心配をしているのではない。

 

 

「この部屋を収納専用にすれば良いじゃないですか?」

➡なんのための3LDKだ!そもそもリビングの隣室をつぶして収納の部屋って何しまうと思ってるの?〇カじゃない??

 

 

マイナスポイントは、担当の営業が雑&提案能力に乏しい

 

もう既に担当に対するストレスはだいぶ書いてしまいましたが、そもそも最初から全くこちらの希望のヒアリングなしに、自分の言いたいことだけ言うスタイルでした。

 

この後また訪れることになりますが、この日は夫がイラつき出して、説明もそこそこに帰りました。しかも、夫はイラついてるのを隠さなかったので、私はひやひやしましたよね。

だって、現在の住まいも知られているわけですし、相手をムカつかせて嫌がらせされたり、家に火を付けられないとも限らない・・・って私はビビっていました、大げさではなく。

 

 

3件訪れたうち、ここだけ男性の営業だったのですが、その前に訪れた会社と違って、全体的に女性の声はほぼ取り入れないスタイルだったように思います。

営業スタイルがと言うよりは物件自体がそんな印象でした。ウォークインクローゼットがなかったり、小さな収納はオプションで要相談の姿勢からも伝わってきましたよね。

因みに食洗器は標準装備でした。私は食洗器はどっちでもいいなぁと思っています。

 

 

3件まわった後なんとなくどれも直ぐには答えが出せないず、暫く案件自体をほったらかすことになりましたが、その後の話を次で書きます。

 

 

モデルルームに行ってみよう①

モデルルームに行ってみよう②